YOGAを学ぼう

ヨガの歴史からヨガの効果まで

YOGA(ヨガ、ヨーガ)とは

YOGA

今、若い女性を筆頭に人気の「ヨガ」。 複雑なポーズも多いので、若い人にしかできないと思っていませんか? そもそもヨガとは、日常生活において心身のバランスを整えるために全ての世代ができるものとして、インドのみならず、日本や中国など東洋で3千年以上昔から行われてきていました。
「生き方のための方法と考え方」
すなわち、真理に目覚めて人間としての正しい生き方をする、それをヨガと呼びます。 サンスクリット語で「つながり」と言う意味のヨガですが「心と体・魂がつながっている状態」を表します。 ヨガをしている上での辛さはアナタの改善すべき点です!

日本でのヨガ

日本には奈良時代から仏教に取り入れられた修行法としてヨガが入ってきました。
禅宗の座禅=ディアーナ(ヨガで言う瞑想)
弘法大師もヨガで能力開発をしたと言われています。 戦後以降は心身の健康に役立つものとして、体操的、健康的位置づけとして広まりました。 近年では、ヨガのポーズによるエクササイズ的要素が注目を浴び、ダイエット目的でヨガを始める若い女性が増えています。 ヨガ専門のヨガスタジオだけでなく、スポーツクラブやフィットネスジムでも手軽にヨガを始めることができるようになりました。

ヨガの効果

ヨガの効果の一つとして「ポーズ・呼吸・瞑想を組み合わせて、心身の緊張をほぐし、心の安らぎを得る」という効果があります。
ポーズ(フィジカルボディ)
呼吸(エナジーボディ)
瞑想(メンタルボディ) 3つはお互い連動しています。
つまり、ヨガを行うことで
・姿勢と動作の異常
・栄養の異常と過不足
・欲望、感情の不均整と不安定
・生活の異常と無理
・筋肉、内臓などの身体の異常
など、これらの”異常”を自分でコントロールし修正をしていくことができます。

医学的効果

ヨガを行うと、医学的にも効果があると言われています。 具体的に
・肺活量と呼吸量の著しい増大
・体重減少と肥満解消
・ストレスに対する抵抗力の増加
・コレステロールと血糖値の低下
・慢性的で再発を繰り返す腰痛の改善
などが挙げられます
これらは、ヨガの呼吸法や正しい姿勢を取ることで得られます。 ヨガの呼吸法は深い呼吸で、乱れていた感情を平常心に戻し、集中力を高めたり全身に酸素をいきわたらせることにより、細胞の活性化を促し、新陳代謝を高めることができます。 また、心身をリラックスさせる効果もあります。 正しい姿勢を取ることにより、呼吸を楽にし、リラックス感と充実感が得られます。 さらに、体の歪みを取ったり、筋肉や骨のバランスを取りやすくする効果もあります。 これらの観点から見ても、ヨガは医学的にも体に良いと言うことができます。

Contents

ページのトップへ戻る